1915(大正4)年夏全国中等学校優勝野球大会 100年物語の幕開け

幕開けは、
1915(大正4)年7月1日付けの大阪朝日新聞の紙面でした。

特に断わりもなく、
「全国中等学校優勝野球大会」の開催が言明されました。

開始予定日時は「8月中旬」。

約1ヵ月半までの狂想曲の新たなスタートであった。

不意の出来事続出であった第1回予選大会

全国大会開催の背景には、いろいろな説あるものの、
元々のきっかけは、
明治後期から各地で実施されていた中学野球の地区大会。

各地区勝者は、招待試合で遠征を繰り返し、
強豪校であるほど武者修行に旅立って腕を磨いていたそうです。

その1つが、
当時関西では最強を誇った京都二中(現・鳥羽/京都)。

京都二中のOBが、
「我が母校の本来の実力はいまでは日本一じゃないか」と見て、
それを明らかにすることを考えて、全国大会開催を企てる。

朝日新聞に話を持ちかけた、と言われています。

とは言っても、
それほど衝動的な開催決定のが故の、各地で予選に
参加するのが困難な県が続々と現れているのです。

北海道や北陸では予選自体が開催されいないとのこと。

日程的に予選消化が時間に遅れる関東地区では、
春の東京大会優勝校の早稲田実業を代表に決定しているのです。

それ以外の学校は予選に参加適いませんでした。

それはそれで、全国で73校が予選に参加しています。

スポンサーリンク

1日に3試合が組み込まれ
強行日程ばっかりで予想外の出来事も多かったです。

その1つが、
山陰代表をかけた鳥取中(現・大社/島根)の試合。

これまでに応援団同士の対決があって、
混乱を避けることを思って、
両校は全国大会の開幕3日の前に、
大阪豊中の地で代表決定戦を行いました。

敗戦した杵築中は大阪まで足を運んだはずなのに、
帰路につくはめになって。

大阪まで野球をやりに出かけるとは何事か!

代表が決定しても、遠方に学校は大阪にまで
やって来るにもその当時は大変でした。

東北代表の秋田中は11人だけしか部員が
在籍しないのですが、そんな中1人は親から
「大阪まで野球をやりに出かけるとは何事か!」と
猛反対され、10人で参加する事態に。

それはそれで、ようやっと大阪に結集した10校。

秋田中、早稲田実業、山田中、京都二中、神戸二中、
和歌山中、広島中、鳥取中、高松中、久留米商が、
栄えある初代出場校となったのです。

このときから100年後の2015(平成27)年、
彼らの後輩達が「レジェンド10」という立場で
ふたたび全国の舞台に立つようになるとは、
大阪・豊中に勢揃いした誰が予測できたでしょうか。

このようにして、
後に「甲子園高校野球」と称される。

100年物語の幕が開きました。

1915(大正4)夏「全国中等学校優勝野球大会」記念する開幕戦

1915(大正4)年8月18日午前8時30分。

大阪府豊能郡豊中村(現・豊中市)の豊中グラウンド。

後々に「夏の甲子園高校野球」と呼ばれることとなる。

「全国中等学校優勝野球大会」が開幕

6日間の会期中に詰め掛けた観客は約1万人と、
初開催だというのに大盛況でした。

時は大正4(1915)年、
大正3(1914)年から始まった第一次世界大戦のまっ只中。

試合結果を知らせる朝日新聞には、
夏目漱石氏の『道草』が連載していました。

羽織袴姿の男性による記念する始球式

記念する開幕試合は、山陰代表・鳥取中(現・鳥取西)対
山陽代表・広島中(現・広島国泰寺)の一戦だったのです。

試合開始に先立ち、大会主催者の
朝日新聞社社長・村山龍平氏が羽織袴姿でお目見え。

豊中グラウンドから始球式を行ないました。

第1球を投じた鳥取中の鹿田一郎投手。

この試合では、広島中の4番バッター・中村隆元選手が
記念となる大会第1号ホームラン(ランニングホームラン)を放ち、
1試合目からさまざまな「大会初」を記録しています。

試合は14対7で、鳥取中が勝利しています。

決勝戦に駒を進めたのは、優勝候補の一角、
京都二中(現・鳥羽)とダークホースの秋田中(現・秋田)。

この一戦でもさまざまな「大会初」が誕生したのです。

投手戦になって、0対0の均衡状態が続いた7回、
秋田中は2死から京都二中のミスでチャンスをものにして、
先制点を挙げるのです。

ですが、京都二中も引けをとることなく8回、
四球とミスをからめて同点として、
大会初の延長戦に入ります。

迎えた延長13回裏、
京都二中は1死にしてランナー二塁と絶好のチャンス。

次のバッターのセカンドまでの打球で
秋田中の内野陣がもたもたするうちに、
二塁ランナーが一瞬のうちにホームへと還り、
京都二中が大会初のサヨナラ勝利。

第1回全国中等学校優勝野球大会・初代王者に輝きました。

しかしながら、秋田中は大奮闘の準優勝。

そうだとしても、結局のところこのことが、
「決勝で負け繰り返す東北勢」の第1号となる。

東北の悲願は、高校野球100年の悲願なのです。

教育の上でいかがなものか、と物議をかもしたもの

優勝した京都二中には、この大会に向けて、
デザインされた「深紅の大優勝旗」と、
しかも副賞「スタンダード大辞典」と
50円分の図書券、腕時計が贈呈されたんです。

そして、準優勝チームのためにも英和辞典、
大会に参加した10校全員に万年筆が贈られたのですが、
「教育の上でいかがなものか」と物議をかもし、
商品の贈呈は当第1回大会限りということです。

東北勢の悲願「白河の関越え」決勝戦11戦全敗

東北の玄関口ということで認知される古跡、「白河の関」。

東北勢が頂点に立つ事実を
「優勝旗は白河の関を越えるのか」と例えられているのです。

第1回全国中等学校優勝野球大会決勝で
秋田中が1点差で惜敗によって、
「高校野球100年」として注目を集めた、
2015(平成27)年夏決勝、仙台育英3度目の準優勝まで、
東北勢の決勝戦戦績は、11戦全敗となります。

大会旗を故郷に持ち帰ることこそが、東北勢100年の悲願に!

11戦全敗の歴史を振り返れば、
惜敗がビックリすることに数多いことに気づくでしょう。

・1915(大正4)年夏選手権大会
京都二中(京都)2対1 秋田中(秋田)延長13回

・1969(昭和44)年夏第51回甲子園高校野球選手権大会
松山商(愛媛)0対0、4対2 三沢(青森)
延長15回引分け再試合

・1971(昭和46)年夏第53回甲子園高校野球選手権大会
桐蔭学園(神奈川)1対0 磐城(福島)

・1989(平成元)年夏第71回甲子園高校野球選手権大会
帝京(東東京)2対0 仙台育英(宮城)延長10回

・2001(平成13)年春第73回甲子園高校野球センバツ大会
常総学院(茨城)7対6 仙台育英(宮城)

・2003(平成15)年夏第85回甲子園高校野球選手権大会
常総学院(茨城)4対2 東北(宮城)

・2009(平成21)年春第81回甲子園高校野球センバツ大会
清峰(長崎)1対0 花巻東(岩手)

・2011(平成23)年夏第93回甲子園高校野球選手権大会
日大三校(西東京)11対0 光星学院(青森)

・2012(平成24)年春第84回甲子園高校野球センバツ大会
大阪桐蔭(大阪)7対3 光星学園(青森)

・2012(平成24)年夏第94回甲子園高校野球選手権大会
大阪桐蔭(大阪)3対0 光星学院(青森)

・2015(平成27)年夏第97回甲子園高校野球選手権大会
東海大相模(神奈川)10対6 仙台育英(宮城)

奇跡の惜敗力 3季連続の青森代表・光星学院

何よりも優勝旗に差し迫ったことが、1969(昭和44)年、
太田幸司投手を擁し、
延長18回の死闘の末引分け再試合で負けてしまった三沢高校。

その2年後1971(昭和46)年には、身長165センチですが
準決勝までひとつ残らず完封勝利と大活躍した
「小さな大投手」田村隆寿投手が在籍していた磐城が1点差巻け。

2009(平成21)年春のセンバツ大会でも、
菊池雄星を擁した花巻東が惜敗する。

清峰・今村猛との投手戦は紙一重の結果となりました。

なんといっても、
大エースが籍を置いていた年が惜しかったことがうなづけます。

また、2012(平成24)年からでは、
光星学園(現・八戸学院光星)が3季連続準決勝といった
“奇跡の惜敗力”を見せつけているのです。

12戦目はいつであるのか?

それから、白河の関を越える日は来るんだろうか?

高校野球東北勢の戦いにスポットライトを当てたい!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました