赤ヘル旋風・日南高校(宮城県)

宮城県大会を勝ち抜いた日南が、はじめての夏甲子園高校野球に出場。

岡山東に5対4と逆転勝ちし、そこまで2回の春選抜大会出場では
なしえなかった初勝利。

さらに興国(大阪)戦でも、序盤の4点差をひっくり返した。

早稲田カラーのユニフォームに新調していた日南。

甲子園高校野球入り前、ヘルメットのエンジ色が剥げかけていて、
塗り直す。それが赤っぽかったため、全国制覇のある2校を
逆転する大活躍が、広島カープになぞらえて赤ヘル旋風と呼ばれる。

ただし3回戦では、やはり強豪の広島商に先制したものの逆転負け。

1983年には、日本高野連が用具の華美な色彩を禁止したため、
日南のヘルメットは白色。

今後、赤ヘル旋風はもう甲子園高校野球では見られない。

スポンサーリンク

チーム・芦屋高校

兵庫県芦屋市に所在する公立共学高校。略称じゃ「あしこう」。

1940年、兵庫県立芦屋中設置。1948年の学制改革にともない
県立芦屋高校を発足。

学力ステップアップハイスクールの指定を受けている。

定員の50パーセントで適性検査、面接の推薦入試を採用する。

戦後、甲子園球場のお膝元でいち早く台頭したのが芦屋高校。

初出場は1946年の夏選手権大会。

原動力になった投手が、後に野球評論家やホークスの二軍監督を
務めた有本義明氏。

1949年の春選抜大会でも有本義明監督は奮闘したが、
北野(大阪)の前に紫紺の大優勝旗の獲得はならなかった。

その年の夏選手権大会と、1951年夏選手権大会にベスト8、
1952年も春夏連続出場する。

この時は植村義信(元毎日)がエースだった。

夏選手権大会は植村義信投手が、3試合連続完封で勝ち進み、
大阪府の八尾との決勝で関西が沸く中、芦屋高校は、本屋敷錦吉(元阪神)の
ヒットで得点し、兵庫に29年ぶりの優勝旗をもたらす。

1956年春選抜大会もベスト4に残るが、1959年春選抜大会を最後に、
甲子園高校野球に出場していない。

夏選手権大会6回、9勝5敗。春選抜大会6回、7勝6敗。

中内正(元ダイエーホークスオーナー)、
加茂周(かも しゅう 元サッカー日本代表監督)がOB。

飯田OIDE長姫高校→飯田長姫高校

長野県飯田市にある県立共学校。
2013年、飯田長姫と飯田工業が統合して開校する。

かつての長姫高校の所在地にあり、長野県初の総合技術高等学校。

機械工学科、電子電気工学科の工業系5つと商業科があり、
普通科は定時制に。

originality imagination device offort の頭文字の略語がOIDE。

飯田長姫は、1921年に飯田職業学校として創設する。

1922年飯田町立飯田商業学校と改称。
1949年から飯田長姫高校に変更する。
飯田城が長姫城と呼ばれたことに由来する。

1954年春選抜大会、身長157センチで小さな大投手と呼ばれた
左腕の光沢毅が快投を見せる。

優勝候補の浪華商(現大体大浪商・大阪)、高知商、
熊本工を破り決勝に進む。

小倉(福岡)にも1対0で勝ち、初優勝を飾った。

夏選手権大会は1935年に1回の出場があるが、呉港中に2対3で破れる。
飯田商時代の敗戦。

甲子園高校野球は春夏、通算4勝1敗。

チーム・育英高校

神戸市長田区にある私立高校。1899年、英数漢学会として創立する。

1902年私立神戸育英義塾、1920年育英商業、1948年新制育英高等学校となる。

共学は2015年から。普通科のみで特別進学、理系、文系、総合のコースがある。

育英商時代の1935年の春と夏、それぞれ初出場する。
夏選手権大会は、決勝戦まで勝ち進む(松山商(愛媛)に1対6で敗戦)。

5度目の出場で夏選手権大会を制したのは1993年。
6試合で30犠打は今現在も破られていない記録で、45回四死球もその選手権大会記録。

選球眼を磨き、バントを必ず転がして、足を絡めた基本に忠実な野球を実践する。

決勝の春日部共栄(埼玉)との決勝点も、8回裏のセーフティスクイズ。

1995年夏選手権大会は、阪神・淡路大震災がありましたが、
新港学園、報徳学園とともに地元から兵庫から選ばれる。

夏選手権大会6回出場で17勝5敗、春選抜大会13回出場で11勝13敗。
夏春通算28勝は43位タイ。

土井正三(元巨人)、鈴木啓示(元近鉄)、栗山巧(埼玉西武)がOB。
柔道のシドニー銀メダリストで日本代表監督の篠原信一も卒業生。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました