乗り換え 案内 yahoo、google、ジョルダン、えきねっと、ナビタイム

電車 乗り換え 案内 yahoo

電車 乗り換え Yahoo乗換案内5つのテク
首都圏で迷わないための「スマホアプリ必須アイテム」は、
「電車乗り換え案内」、「天気予報」、「ニュースアプリ」。

ヤフーが配信行う人気アプリで、
大勢の人から揺るぎない支持を寄せる
「Yahoo!乗換案内」。

バス時刻表、フェリーや飛行機の案内を
フォローするレベルの信頼性に愛好者が多い。

アプリ、マジに機能が十分。
トップ画面下部の「運行情報」より周辺電車路線の
遅延・運休のお知らせ設定も適うし、
深堀りにトライすると「実は押せるボタン」や
「そんなやり方できたの?」というのが珍しくない。

ここでは「隠し機能」を5つネタにしてみました。
貴方は幾つご存知でしたか?

隠し機能1
検索窓では「電車駅名の他」も打ち込める
「そのこと、前もって知らせてよ!」と呼びたくなる、
ずばり隠し機能が。

「目の前のスケジュールが押して次のアポが!」と
焦った経験は誰もがあるに違いない。
目的地の駅名を入れて徒歩ルート通りに…
行なう必要は、ありません。

こういう場合は、
はじめに落ち着いて「行き先そのものを打ち込む」。

実のところYahoo!乗換案内アプリは、
所在地や店舗名といったインプットでも、
乗り換え検索が得意。

サンプルとして「東京タワー」と
打ち込むさえすれば、現在地からゴールへ、
バスまで含めた最短ルートを指示してくれる。

スポンサーリンク

隠し機能2
貴方は「最も近い駅」をなんとご存じない
徒歩機能と並んでユーザビリティ高いのが、
検索窓をタップした場合に出てくる
「最寄り駅迄の距離表示」。

「今のところから最も近い駅」を
自動取得し移動距離で表示す。

都市圏の地下鉄駅が分かりにくいエリアだと、
電車乗り換え案内を知り尽くした友だちに聞けば異なる
最短ルートを案内してもらった経験ないですか?

こちらの機能はその代りを
Yahoo!乗換案内アプリがしてくれます。

隠し機能3
いつもの路線を阻止!ルート回避機能
いくつか路線が乗り入れする首都圏ならではの
駅からの乗換で、
「途中はここの路線“でない”ルートで」と、
設定する除外機能。

これってマイナーとはいえ、役に立つ。

オールラウンドに感じる乗換案内だけど、
時としてパーフェクトな最短ルートでなくて、
3~4分遅くなっても移動が経験的に
スムーズなルートを利用したいもの。

各種の乗り換え案内アプリで
「とある路線を通過しないルート」をこまめに探す人は、
こちらのルート回避機能の
使いやすさがはっきりと分かるに違いない。

隠し機能4
1秒でも移動時間を節約したい!「降車ドア表示」で
最速移動一刻も速く目的地に向かいたい、
ホームで出口の方向を迷ってる時間すら惜しい。

そんなときはYahoo!乗換案内アプリの
「降車ドア表示」が非常に役立つ。
乗り換えの際、どの車両に乗れば出口が近いのか、
エレベーターやエスカレーターの有無まで車中で確認できる。

隠し機能5
ルートをそのままに途中下車時間をつくる「ダイヤ調整」
乗換駅でトイレに行きたい、
クライアントに手土産を購入したい、
本屋に立ち寄りたい、時に途中下車して
用事を片づけたいといった人も多いはずだ。

時間を使った後は、ふたたび目的地への
電車乗り換え案内を調べることが普通ですが、
この点にも隠し機能が準備されている。

ハナからここの所押せる、って分かってた?と
呼びたくなるのですが、
何を隠そう検索結果の「時間」はタップすることができる。

タップしたら電車乗り換え時間を
切り替える「ダイヤ調整」になる。

乗り換え 案内 google

乗り換え案内GoogleMapアプリを最短表示本当に手軽

乗り換え案内は、もうスマホアプリの王道。
楽々乗り換え案内が叶うアプリ「Google Maps」。

初心者限定で、Google Mapsでの
乗り換え案内の活用法ご案内します。

GoogleMapアプリが抜群な点
悩むことなく、操作が可能です。
目的地への交通アクセスが地図上でグラフィカルに
閲覧できる、イメージが図りやすい。

電車での乗り換え案内ばかりか、車、徒歩での
乗り換え案内機能もある。
交通渋滞情報や、徒歩を一緒にナビゲーション機能、
驚くほど豊富な機能が付属しています。

Google Mapsでの乗り換え案内の活用法
iPhoneでは「Google Maps」、
Androidでは「マップ」といった名称。

Androidでは、大半のデバイスにプリ搭載されています。
iPhoneアプリも、Androidも基本操作は一緒です。

経路案内アイコンをタップ
画面右下の、下図の経路案内のアイコンをタップ。

出発地と目的地を入れ検索
最上部で移動方法をチェンジできます。
アイコンがあるように、「車」「電車」「徒歩」から
選ぶことができます。

その後は、出発地と目的地を入れて検索したら、
検索結果が示されます。
GPS情報取得の許可設定をしていると、
初期段階で”現在地”が出発地となって、
入力の手間を省略できます。

地図上で目的地への経路をチェック
さっきの検索結果(2つ以上の乗り換え(経路)パターン)より
ひとつをタップして詳しくチェック。

この部分の開示、検索テンポが、このアプリの
素晴らしい点だろうと言えるでしょう。
“カーナビの目的地設定”と一緒の感覚です。

中でも経路は文字列のみではイメージできないことから、
こんな風にグラフィカルな開示はとてもイメージが
出来ユーザビリティの高い点です。

具体的な経路情報をチェック
さっきの画面で、画面最下部に開示される
経路情報(背景白の領域)をタップする。

具体的なコースが示されます。

例ば、東京駅からJR京浜東北線で
品川駅までといった単純ルート。
2つ以上の路線で乗り換えをしないといけないなら、
ここの所に乗り換え手段が示されます。
各路線のカラーで表記されるので、
これも感覚的にとても利用しやすいです。

途中にある駅も出したいなら、その部分を
タップすると、わかりやすく示されます。
このように、直感操作で、感覚的に示されるため、
とても簡単に、しかも体感的にさくさくと検索が出来る、
ことがこのアプリの一番大きい特徴と言えます。

ところで、上の図の「東京駅」といった表示の右に位置する
「時計マークのアイコン」をタップしたら
「運行情報」もチェックが出来ます。

Google Mapsの改まって素晴らしい点
さすが大手企業Googleのアイテムですから、
機能もUIも非常にスピードで進化しています。

国内、海外のライバル会社が類似した機能を、
年月を費やして搭載しても、それを超すスピードとクオリティで
リニューアルしてくるというのが大手企業のサービスですから、
現在も、通常の地図サービスをクリアーした、数々の機能を
搭載したサービスとなっています。

経路検索が公開されたスタート時は、これまでの
乗り換え案内情報サービスとしては追い付いていないよ、
といった意見もあったように記憶にとどめているのですが、
いまでは情報の質や、グラフィカルな表現の対応、
加えて交通渋滞情報や、ナビゲーション機能といった
多種多様な機能から考えても、追い付いて超越してしまっている
パーツもいっぱいかも知れません。

まとめ
乗り換え案内アプリすごく機能的アプリになります。

こういうアプリと、Google Mapsを、多彩な機能はともかく、
“乗り換え案内”といった機能オンリーで比べた場合、
地図上でのグラフィカルな表現とか細かな違う点はあるけれど、
一番大事な検索精密度の部分は、
抜きんでた違いはないように思うんです。

差を感じられたのは、アプリをタップして稼動し、検索して、
検索結果が表示という一通りの操作での”時間”でした。
Google Mapsは”サクサク”出来たといった感覚がありました。

Google Mapsに対し、
初心者限定で使いやすい操作方法をご紹介してみました。
将来的にも日を追うごとにユーザビリティの高い
サービスに進化していくのではないか。

ジョルダン 乗換 案内

Yahoo!乗り換え案内が極めて優れていますが、
Yahoo!乗り換え案内が万が一にも動作しない時に
「ジョルダン 乗換 案内」のアプリをご覧ください。

アプリ乗り換え案内は3000万DLを超えた乗り換え案内。
電車や飛行機の他全国640社超えのバスも検索できちゃう
ゼロ円の経路検索アプリなんです。

駅構内・駅そばのトイレ・ATM・コンビニエンスストア情報も!
ユーザー投稿での運行の状況や混雑ぶり情報をアップ。

ジョルダン 乗換 案内は、どのようなサービスより
サッと運行状況を知ることができます。

これ以外にもICカードや運賃を
変更することがOKとすごく役立ちます。

ジョルダン 乗換 案内お気に入り登録は有料だけど、
無料でもとことん利用できます。

機能もYahoo!乗り換え案内に劣らないほど整っています。

ですが乗車位置から降りて即階段が分かるといった
機能は残念ではありますがないです。

しかしながら複数のルートを表示してもらえたり、
「ジョルダン 乗換 案内」勝るとも劣らない機能になります。

えきねっと 時刻 乗換 案内

えきねっと(JR東日本)乗換・時刻・運賃案内

えきねっととは、JR東日本が提供しているサービス。
インターネット上で予約のできるサービスになります。

JR東日本の駅名を打ち込みさえすれば、
「みどりの窓口の」営業時刻や「びゅうプラザ」の有無。

バリアフリー乗換案内を調べることだって。

駅のATM 「VIEW ALTTE」(ビューアルッテ)情報だって、
サービスは休みなく時刻を気にせず緊急時にオススメです。

ビューカードの種類設定、提携銀行などの預金・貯金の
引出しといったサービスを24時間効率よくお使いください。

JR東海のエクスプレス予約みたいなサービスで、
専用クレジットカード必要なく、ICカードも不要。

必須は、会員登録(無料)のみです。

なお、えきねっとで予約するなら、
クレジットカード決済だけで、
クレジットカードが必要です。

5大カード(VISA、Master、JCB、Amex、Diners)
は利用できるで。

えきねっとでリザーブしたチケットは
よく利用している駅で
時刻を限定せず受け取ります

インターネット上で、予約&支払いを済ませば、
その後は駅で、券売機で発券するのみ。

その上、通常の前売りのチケットは
1ヵ月前からでないと予約が取れませんが、
えきねっとを選ぶと、
発売開始日の1週間前から予約できます。

しかし、発売開始日前に予約したチケットは、
割引きが利用できないこともあって、
年の瀬やお盆のチケット争奪戦時に、
乗車賃というよりも予約を
大事に考えたい時に利用できます。

ところで、ポイントも貯まり、
ポイントが素晴らしいことは、
Suicaポイントへ交換ができるので、
思っている以上に利用できます。

やっぱり、得をする価格「トクだ値」
えきねっと経由で、新幹線を予約を取ると、
割引料金でチケットを買えます。

JR東日本のサービスですから、東北新幹線、
秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、
北陸新幹線が対象だったが、
新しく北海道新幹線(NEW)も対象に加わったのです。

条件はありますが、北海道新幹線も、
「トクだ値」の対象になってて
最大割引きはビックリの、30%これって、素晴らしい!

だから、JR東日本で新幹線にするなら、
無条件に使った方が良い、えきねっと。
これほどお買い得で乗車可能だと、認識なかった。

個人手配ばかりか、法人の出張でも、
オススメのサービスです。

会社の経費削減しつつ、
個人ポイントが積み立てられるので、
個人にとてもメリットがある取り組みですよね。

そういった部分は、JR東海といい、
頭のいい仕組みと感じたのです。

乗り換え 案内 ナビタイム

乗換 案内 ナビタイム(NAVITIME)とは、
JR、私鉄、地下鉄など全国の鉄道路線に対応。

電車のほかに新幹線、飛行機、バス、フェリーを
使用するルートもご案内。

IC運賃、定期券料金、時刻表、運行状況、
駅周辺の地図も確認できます。

始発・終電時刻検索も可能。

そうなんです。
ナビタイムは、好きな場所を出発地と目的地に
指定するだけで、乗り換え案内や駅・スポットまでの
道案内をまとめて確認できるナビゲーションツール。

次世代地図ポータルサイト『NAVITIME』地図を探しだす、
電車の乗換案内、自動車コース検索、徒歩コース案内は
言うまでも無く、ウィークイベント情報やシーズン特集も満タン!
ほかにも携帯アプリ提携も完ぺきに!

乗換NAVITIME(乗換ナビタイム)iPhoneやAndroidスマホでも
人気のナビタイムの乗換専用アプリ。

毎日の通勤・通学にお役に立てる乗換案内は
最新の時刻表・運行情報などのデータで、
安心した移動ができます。

さらに初心者でも使いやすいデザインで、
ダウンロードすればすぐに使いこなせます!

ナビタイム 乗り換えNAVITIMEなら、時刻表、運行状況や
混雑状況はもちろん駅の周辺や乗り継ぐ路線図、
新幹線の予約から定期券の購入などが叶うスマホアプリ。

日本各地の時刻表・遅延情報に加えて、乗換専用の
【乗車位置】や【ホーム番線】の提示、
【1本後】検索とか、
乗換の肝になる機能が無料で。

「エレベーター優先」「階段を避ける」など、
荷物が多い時やベビーカーでの移動の時に便利な
検索条件がある毎月3,700万人が使用。
アプリ内で貯めたポイントは
ANAやJAL、nanaco、Amazonなどのポイントに交換可能

乗換NAVITIMEは使用路線の選択があったり、
徒歩速度も5段階で選べたりと細かい条件設定が出来ます。

車のみのルート検索も可能。
色もカラフルでとても見やすいです。

アプリが優れている点
何といっても、探す時間の短縮、移動時間の短縮
に尽きるでしょう。
その他、時刻表検索や、路線図検索、運行情報確認などの
付加サービスがどのアプリにもあります。

乗換案内アプリに 多くの人が求めているものは、
“簡単に検索できて、検索結果が見やすい”という点。

同じ業界のアプリは、競合をミートして開発している
部分が大きいのでしょうか、
3つとも非常に似たレイアウトになっています。

ヘッダーと、フッターにそれぞれ、
「トップ」「時刻表」「運行情報」「路線図」
「パーソナライズ情報」「その他」
といったアイコンが配置されています。

また見出しはすべて共通で「乗換案内」。

「Yahoo!乗換案内」と「乗換NAVITIME」は
カラーリングが非常に似ています。

唯一、「乗換案内(ジョルダン)」ですが、
肝心な「検索ボタン」が
広告に隠れてスクロールをしないと押せない
という状態に、これだと少し使いづらいですね。

ドアtoドアによるルート検索ができる「トータルナビ」
有料会員一押しの魅力は、
「トータルナビ」が利用OKではないか。
トータルナビでは電車の他、徒歩、バス、飛行機、
フェリー、車、自転車とか、
ほぼ全部の交通手段を取り揃えた
最適なルートを確認できる。

近い距離での移動ばかりか、
新幹線や飛行機を利用しての長距離移動にも対処。

駅から駅の移動にとどまらず、現在地から行こうと思う
場所への総括的なルートを調査される、その名の通り
“トータルなナビ”機能を重宝するのが有料会員の特別待遇。

トータルナビでは、周辺の駅が知らないままでも、
目的地最寄りバス停の呼び方が分からないままでも、
指定された地点から訪ねたい場所への
道案内を取得できる。

首都圏では、現在地に近い駅が幾つかあることもあって、
歩く時間と電車による移動時間をバランスを考えて注意、
2つ以上のルートを表示してくれることがうれしい。

これって駅を指定してルート検索を行う
乗換案内だとまねすることができない芸当でしょう。

特別役立つのが、施設名で検索が生じること。
所在地が知らないままでも、
例として「東京スカイツリー」とでもいうべき
ランドマークの呼び方はもとより、「赤坂王子ビル」と
言うようなオフィスビルの呼称で検索になるので、
地理に不案内な人にだってきめ細かい。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました