1981(昭和56)年、1982(昭和57)年、1987(昭和62)年、大阪代表PL学園の時代

PL学園の1980年代
春連覇・KK優勝・春夏連覇の大偉業

1980年代PL学園(大阪)の校歌は、
小学校児童も歌うことができ全国各地で
際立って全国的校歌となりました。

こういううたい文句がオーバーではないほど、
甲子園球場でPL学園ナインは誇らしく
校歌を歌い続けていたわけです。

高校野球関心度が高まった
1980年代に強かったというのがPL学園なのかな?

とにもかくにも、1980年代の高校野球は、
PL学園抜きにして語ることは無理だと思います。

スター軍団で1980年代に栄華を誇るPL学園

1970年代後半、
「逆転のPL」の異名とアルプススタンドの
人文字応援で人気校になったPL学園です。

PL学園の強さは、1980年代に入って
ますます盤石なモノになって行きます。

スポンサーリンク

1981(昭和56)年
春第53回甲子園高校野球センバツ大会では、
吉村禎章ら中心の破壊力ある打撃で好調。

決勝では、9回裏逆転サヨナラ優勝といった、
これこそ「逆転のPL」らしさ全開初のセンバツ王者に!

翌年1982(昭和57)年
春の甲子園高校野球センバツ大会
連覇を完全に成し遂げる。

そうして、1983(昭和58)年、
桑田真澄・清原和博のKKコンビが学校に入ると、
2人が在籍した3年間5大会で優勝2回、準優勝2回と
他に類を見ない強さを見せつけることに。

KK時代と比べて力強かったと挙げられるのが
1987(昭和62)年のPL学園です。

立浪和義、片岡篤史、野村弘(以後に弘樹)。
それから1学年下の宮元慎也と、
プロ野球の世界でもチームの中心選手として
実績を残すばっかりのスター軍団を擁し、
KKコンビもなしえなかった春夏連覇を完全に成し遂げる。

これこそ、「PL王朝」と呼ぶことが望ましい存在であった。

甲子園高校野球通算58勝の万能型監督

強烈すぎた1980年代PL学園を率いた方が、
1980(昭和55)年8月に着任した中村順司監督。

引退する1998(平成10)年までの18年間で
積み重ねた甲子園高校野球通算勝利数は、
歴代2位の58勝です。

春夏通算の優勝回数6回
(1981年春、1982年春、1983年夏、1985年夏、1987年春夏)は
史上最多タイです。

また、甲子園球場での勝利、といった
目の前にある結果ばかりか、桑田真澄・清原博一、
立浪和義らを代表とする、大勢の一流プロ野球選手を
育て上げた点も見過ごすことは許されないでしょう。

そういったものを叶えたというのが、超一流選手たちを
従えるカリスマ性、戦術眼、育成力、勝負運
すべてに優れた高校野球史上きっての
万能型監督、まさにそれが中村順司氏。

いずれにしても、このような絶対王者が30年後に
休部というのは、どんな人が予想出来ただろうか・・・。

1961(昭和36)年夏、1978(昭和53)年夏大阪代表・PL学園

逆転劇は、高校野球ファンの好物ではないでしょうか。

点差が大きければ大きいほど、
甲子園球場は熱狂のるつぼとなるワケです。

そういった逆転劇を代名詞にした高校が、
高校野球長い歴史の範囲内で2校存在しています。

「逆転の報徳」と呼ばれていた報徳学園(兵庫)と、
「逆転のPL」と呼ばれていたたPL学園(大阪)です。

あきらめのわるい男たちが演じた
奇跡の闘いぶりは、甲子園高校野球ファンの
語り草となっている。

報徳学園は延長の6点差から大逆転
「逆転の報徳」が誕生したというのは、
1961(昭和36)年
夏第43回甲子園高校野球選手権、
倉敷工業(岡山)との一戦です。

試合は両先発の投げ合いで0対0の状態で
延長戦へ。

均衡状態を破ったのは、11回表の倉敷工業。
エラーと四球でものにした満塁をきっかけとして、
一挙6点のビックイニングとなったのです。

6点差はいくらなんでも決まりか、と考えたのは
甲子園球場の観客にとどまらず、全国各地の
高校野球ファン、報徳ナインも変わることが無いでしょう。

その裏、報徳学園は
先頭打者に代打・平塚正を起用しているのです。

疑う余地なく”思いでつくり”の監督の采配となりました。
ですが、平塚は情熱の内野安打。

この1本で試合のツキが動いてしまうこととなってきた。
ここから四死球と連続安打を混ぜて1点差に。

ついでながら2死一・三塁として、打者一巡で
この回先頭であった平塚の打順へ。

この局面で平塚はセンター前にヒットを放ち、
外野からのバックホームが外れる間に、
二塁走者がホームインします。

ようやく6対6の同点に追いついたわけです。
押せ押せの報徳学園は、次の12回裏に
勝ち越し点をあげサヨナラと、ミラクルの大逆転勝利。

この時の甲子園球場は、報徳学園の試合を合わせて
1日3試合どれもこれも「延長サヨナラ」といった
大会史上初の珍しいことがあった日としても
甲子園高校野球大会に記録されたのです。

PL学園は、準決勝&決勝の連続逆転劇。

「逆転のPL」が誕生したというのは、
1978(昭和53)年
夏第60回甲子園高校野球選手権での事になります。

準決勝の中京(現・中京大中京 愛知)戦で、
9回まで0対4とリードされながらも、9回裏に
一挙4点を奪って追いつき、延長12回裏
サヨナラ勝ちの大逆転劇で決勝に進出しています。

迎えた決勝戦、高知商(高知)。
この決勝戦でも、先攻を許したPL学園は、
0対2で最終回の攻防へ。

9回裏、追加点を欲している高知商は、
1死二・三塁のチャンスをつかむも、
無得点に終ってしまうわけです。

それに対し、ピンチの後にチャンスありの
9回裏、PL学園ラストの攻撃。

1死二・三塁と9回表と同じ状態を作り出すと、
ここから犠飛と2本のツーベースヒットで、
2日連続でのドラスチックな逆転サヨナラ勝利を収めます。

悲願の初優勝を成し遂げたPL学園は、
1981(昭和56)年
春第53回甲子園高校野球センバツ決勝戦で、
またしても、9回裏に逆転サヨナラ勝利。

この勝負強さが正に、
1980年代最強PL学園の強さの原点でしょうか。

1985(昭和60)年夏PL学園、2006(平成18)年春横浜高校

コールドゲームが一切無い甲子園高校野球。

それもあって、ごく稀にむごい得点差の試合を
目撃することがあるのです。

新聞紙上でも「記録破りの猛打」と
報じられたのが、1985(昭和60)年
夏第67回甲子園高校野球選手権2回戦。

PL学園(大阪)と東海大山形(山形)の一戦です。

夏は29対7、春は27対0
PL学園が自負するエース桑田真澄、4番バッター清原和博の
「KKコンビ」ラストの夏の甲子園。

その初陣を見るために甲子園球場に詰めかけた
5万人を超えた大観衆が惨劇の目撃者となったのです。

PL学園は3回終了の時にすでに2ケタ得点を
叩き出すと、それ以降も打って打って打ちまくり、
5回まで20得点。

この回まで投げた東海大山形の先発投手が、
山形大会で右ひじを疲労骨折していて普通に
投げられる様子ではなかった不運だけに限らず、
PL学園の猛攻撃は容赦おりませんでしたから。

それ以降も、代わった投手から得点を重ね、
終ってみると、大会史上初の毎回得点となる
29点。29対7というセンセーショナルなスコアだったのです。

1試合最多安打(32)、1試合最高打率(.593)、
1試合最多塁打(45)によって、
今だ破られぬ大会記録です。

一方、春の甲子園高校野球センバツ大会において
最多得点、最多点差ゲームは、
1937(昭和12)年
春第14回甲子園高校野球センバツ大会
滝川中(兵庫)vs 浦和中(埼玉)の27対0。

この記録も凄まじいものの、
2006年(平成18)年
春第78回甲子園高校野球センバツ大会決勝戦、
横浜高校(神奈川)対清峰(長崎)の
試合もショックです。

先攻の横浜高校が、6対0とリードして迎えた
6回、打者15人の猛攻で9点を加えて試合を決定づけます。

最終的なスコアは21対0。

勝った横浜高校の渡辺元智監督は、
「打ったことにくらべて、(大量得点に気を緩めず)
 0点に抑えてもらった。そのことが嬉しいな」と
選手たちを称えました。

122対0は青森大会で

なお、甲子園高校野球の舞台ではないですが、
地方大会だと、より一層のびっくり仰天のスコアがあります。

1998(平成10)年の青森大会2回戦、
東奥義塾と深浦の試合です。

1回裏に39点を得た東奥義塾は7回までに
86本のヒットと78個の盗塁を決め、
122対0の7回コールドゲームを記録しています。

この試合以前に、コールドゲームのルールは、
都道府県別にまちまち状態のもとでした。

青森県大会では、7回終了時まで
コールドゲームは成立しませんでしたが
この試合終了後、
「5回終了時で10点、7回終了時で7点差がつけば
 コールドゲームとする」と、全国的に一律。

コミックっぽい信じられないくらいの試合は、
ルールまで作り変えてしまったということです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました